なた豆が歯に良い?口臭や歯周病予防に

口臭予防には、なた豆歯磨きがオススメです。

なた豆は、古くから歯周病や蓄膿症などの改善のために利用されてきたそうです。なた豆に含まれるカナニバンやコンカナバリンAと呼べれる有効成分が膿を排出したり、炎症を抑えたり、免疫力を高める働きを持っているんだとか。
また、口の中の善玉菌の働きを活発にしてくれるので、自然と口臭がしにくい健康的なお口へと変えてくれます。

歯を磨いてもなかなか取れない、たいていの強烈な口臭というのは、歯周病が原因で起こっている場合がほとんどだと言われています。
特に、歯ぐきがブヨブヨで、よく出血があるという人の場合は、歯周病の可能性が高いでしょう。また、口の中がいつもネバネバしている、歯磨きしてもしばらくするとネバネバしてくるという人も歯周病の可能性が高いでしょう。
そのような人は、ぜひなた豆歯磨きを使ってみてください。磨いた直後から、口の中がサッパリする感覚を実感できるでしょう。

 

最近人気のホワイトニング歯磨き、コナナノカも口臭予防に役立ちそうです。

ホワイトニング、口臭予防、虫歯予防など、口内の悩みに役立つ商品を、今度は集めてみたいですね。

なた豆歯磨きを口臭予防に使う際の効果的な使い方は?

口臭予防のためになた豆歯磨きを使う場合、おもわず歯磨き粉をたくさん使ってしまいたくなるかもしれません。しかし、歯磨き粉の量を増やすよりも、歯磨きする回数を増やした方が、より口臭予防にとっては効果的な使い方となるでしょう。
歯磨き粉を多くつけ過ぎると、長い時間しっかりと磨くことができません。また、きちんと磨けていなくても、なんとなく歯磨き粉のさわやかさできれいになった錯覚を起こしてしまうので、つけ過ぎないようにするのがオススメです。
また、なた豆歯磨きで磨いた後は、ふつうに口の中をゆすいで、最後の仕上げになた豆茶でうがいすると、さらになた豆の口臭予防効果を高めることができるでしょう。

 

なた豆歯磨きは、歯周病と歯槽膿漏予防に効果があります。

歯周病と歯槽膿漏という言い方は、最近では、どちらもほぼ同じような意味で使われていますが、実は少し違います。
歯周病は、細菌に感染することで歯ぐきが炎症を起こして、様々な不快症状が起きる病気です。
口の中には、約500種類もの細菌がいるそうです。しかし、それらがすべて悪い細菌というわけではありません。口の中には善玉菌といって、良い影響を与えている細菌も多く存在しています。悪い細菌と善玉菌のバランスが崩れたときに、口の中であらゆるトラブルが起きるというわけです。
そのトラブルのひとつが歯周病です。そして、歯周病の症状のうち、膿が出てくるような症状のことを歯槽膿漏と呼ぶんだそうです。

歯周病と歯槽膿漏はとても恐ろしい病気です。将来、歯がなくなってしまう可能性が高まります。しかし、怖いのはこれだけではありません。歯周病菌というのは、口の中から、血液中に入っていき、口の中とはまったく関係ないところにトラブルを起こすことがあります。
糖尿病や、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めると言われています。他にも、ガンになる確率も高くなると言われています。

決して、口の中のトラブルだけでない恐ろしい病気を引き起こすかもしれない歯周病は、ぜひとも予防したいものです。
そこで、なた豆歯磨きは、歯周病と歯槽膿漏のどちらにも効果を期待できるでしょう。
なた豆に含まれるコンカナバリンAという成分は、免疫系を正常に整える作用があるため、口の中の細菌バランスを良い状態に保つのに役立ちます。また、カナニバンという成分が膿を出す作用があるので、歯槽膿漏の改善に役立ちます。他にも、なた豆歯磨きを使うことで、歯ぐきの炎症を抑えることができるそうです。
なた豆歯磨きを使って、歯周病と歯槽膿漏予防をやってみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です