肌をきれいにする心がけとは…?

高い化粧品を使っても、サプリを飲んでも、肌が荒れてしまってなかなか良くならないことがあります。

ここでは、一時的な対処法ではなくて、毎日続けられる肌をきれいにする心がけをご紹介します。どれも簡単なものですから、きれいな肌を目指す人は、ぜひ、日々の生活に取り入れてみてください。

 

食事編

若い女性の世代で気をつけたいことは、栄養バランスが偏っているということです。
「ダイエットのため、時間がないから、好きだから」などという理由で、生のサラダのみを食べたり、野菜ジュースばかり飲んだり、好きなスナック菓子ばかりを食べたり。これでは、肌にいいわけはありません。まずは、肌にいいものを取り入れてみませんか?

①一つは熱を通した、野菜です。できれば、コンビニなどで作られたものではなく、野菜を生でなく取り入れることです。
野菜のボイルしたもの、野菜の多いポトフ、スムージーなどです。緑黄色野菜に含まれるベータカロチンや、ビタミンは美肌に欠かせないものだからです。

②たんぱく質をたっぷりとりましょう。肌はたんぱく質でできています。炭水化物を減らして、積極的にたんぱく質取り入れましょう。魚・豚・鶏肉・豆腐などがお勧めです。

③玄米を食べましょう。できれば、パンや白米に変えて玄米を食べましょう。玄米を良く噛んで食べることで、便秘も解消されやすくなります。

飲み物編

飲み物はできれば、冷たいものを飲みすぎないように。冷たい飲み物は体を冷やす原因となります。暖かいハ―ブティーなどがお勧めです。
ハーブティーにはイライラを鎮めるもの、リラックスさせるものなどがあります。精神的な安定は美肌にも不可欠です。

睡眠編

「美肌は夜作られる」これが鉄則です。夜更かしや、深夜までの飲み会カラオケなどは、美肌の大敵です。できれば、毎日決まった時間に寝る、日付が変わる前に寝るようにする、睡眠を確保される状況を作る、など心がけましょう。

 

短期間で肌を綺麗にしたい!

肌をきれいに、しかも短期間で実現するにはどうしたらいいでしょうか。

いくつかの方法をご紹介します。

1徹底した「デトックス」をして、肌を美化する

いわゆる、「プチ断食」です。断食によって、胃腸を空にすることで内臓を休ませて、一度体をリセットするのです。断食によって老廃物を除去しきれいな腸にすることはイコール肌をきれいにすることになります。
このプチ断食によって、吹き出物が治ったり、肌のあれが改善されたりという効果が報告されています。

プチ断食の方法は、ヨーグルトを用いたもの、置き換えゼリーを用いたもの、控訴を用いたものなどいくつかありますので、ご自分の生活のリズムや体調に合わせて選んでみることが大切です。

2ピーリングを行う

肌は通常であれば、28日間で新しい肌に生まれ変わります。
このサイクルを早くすることで新しい肌を生み出すのがピーリングです。
ピーリングによってシミのもとになるメラニン色素を含む角質層を取り除くことになり、新しく表皮が生まれてきます。
ピーリングは医療機関で行うもの、自宅でできるものなどありますので、自分の予算と目的に応じて選んでみましょう。

3美容鍼を行う

鍼を顔や、頭、首などにうってもらうものです。鍼は、まぶたのたるみやほうれい線を引き上げる、新陳代謝を高め肌のトーンを明るくする、と言った効果があります。比較的早く効果が表れる方法なので、一度興味がある方は考えて見られてもいいかと思います。

ここにあげたのは、あくまでも速攻性を求めたものです、

では、最後に自宅でできる簡単美容法もご紹介!

*簡単パック

  1. 洗顔・化粧水・乳液で整えた後、顔と首にクリームを塗ります。
  2. (鼻と口をあけて)顔と首ををラップで包みます。
  3. ホットタオルを用意して、その上にかぶせます。
  4. 5分間置いて、ホットタオルで拭き取ります。
  5. の方法は、お風呂場で行うとより効果的です。

 

肌の衰えにストップ!自宅でできる簡単美容法!

皮膚の細胞組織は年齢とともに衰えていきます。それに加えて、新陳代謝の低下・冷暖房の効きすぎ・過剰なストレスなどの悪条件が重なると、皮膚は乾燥し、くすみ、あれて、しわが目立つようになってしまいます。こうした状況を少しでも食い止める美容法ご紹介しますので、お悩みの方はぜひ、試してみてください。

1.ツボのマッサージ

①むくみに効くツボ(ヒユ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・背中のちょうどまんなかあたり。大11胸椎の下のところです。
*マッサージのポイント・・・深い層にとどかせるつもりで両方の親指でマッサージしてみましょう。1から3分間秒押し
てみましょう。
*効果・・・胃弱・むくみ

②足のむくみを軽減するツボ(ケッカイ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・ふとももの内側、膝蓋骨の内側のヘリから少し上(指三本幅)のところです。
*マッサージのポイント・・・深い層の筋肉にとどかせるつもりで親指でマッサージしてみましょう。約3分間秒マッサージ
してみましょう。
*効果・・・足のむくみ・便秘・イライラにも
コツとしては、リラックスできる状況で行いましょう。大きく呼吸をしながら行うとよいでしょう。

2.食生活に気をつけましょう。

①皮膚のきめとハリを維持するために、コラーゲンを取り入れましょう。豚足や、鳥の手羽先に多く含まれています。
②たんぱく質の消化を促進し皮膚の健康を高めるビタミンB群を含む全粒穀類・レバー・ナッツ等をとりましょう。
③皮膚の老化を緩やかにするビタミンEを含むレタス・大豆・ピーナッツ・小麦・玄米をとりましょう。
④女性の老化を緩やかにするイソフラボンを含むレタス・大豆・ピーナッツ・小麦・玄米をとりいれましょう。豆腐や、
豆乳、納豆、など大豆製品に多く含まれています。

いかがでしょうか。肌の衰えにストップをかけ、肌のたるみを解消し、むくみにも効果があるこれらの日常のケアを取り入
れましょう.