なた豆が歯に良い?口臭や歯周病予防に

口臭予防には、なた豆歯磨きがオススメです。

なた豆は、古くから歯周病や蓄膿症などの改善のために利用されてきたそうです。なた豆に含まれるカナニバンやコンカナバリンAと呼べれる有効成分が膿を排出したり、炎症を抑えたり、免疫力を高める働きを持っているんだとか。
また、口の中の善玉菌の働きを活発にしてくれるので、自然と口臭がしにくい健康的なお口へと変えてくれます。

歯を磨いてもなかなか取れない、たいていの強烈な口臭というのは、歯周病が原因で起こっている場合がほとんどだと言われています。
特に、歯ぐきがブヨブヨで、よく出血があるという人の場合は、歯周病の可能性が高いでしょう。また、口の中がいつもネバネバしている、歯磨きしてもしばらくするとネバネバしてくるという人も歯周病の可能性が高いでしょう。
そのような人は、ぜひなた豆歯磨きを使ってみてください。磨いた直後から、口の中がサッパリする感覚を実感できるでしょう。

 

最近人気のホワイトニング歯磨き、コナナノカも口臭予防に役立ちそうです。

ホワイトニング、口臭予防、虫歯予防など、口内の悩みに役立つ商品を、今度は集めてみたいですね。

なた豆歯磨きを口臭予防に使う際の効果的な使い方は?

口臭予防のためになた豆歯磨きを使う場合、おもわず歯磨き粉をたくさん使ってしまいたくなるかもしれません。しかし、歯磨き粉の量を増やすよりも、歯磨きする回数を増やした方が、より口臭予防にとっては効果的な使い方となるでしょう。
歯磨き粉を多くつけ過ぎると、長い時間しっかりと磨くことができません。また、きちんと磨けていなくても、なんとなく歯磨き粉のさわやかさできれいになった錯覚を起こしてしまうので、つけ過ぎないようにするのがオススメです。
また、なた豆歯磨きで磨いた後は、ふつうに口の中をゆすいで、最後の仕上げになた豆茶でうがいすると、さらになた豆の口臭予防効果を高めることができるでしょう。

 

なた豆歯磨きは、歯周病と歯槽膿漏予防に効果があります。

歯周病と歯槽膿漏という言い方は、最近では、どちらもほぼ同じような意味で使われていますが、実は少し違います。
歯周病は、細菌に感染することで歯ぐきが炎症を起こして、様々な不快症状が起きる病気です。
口の中には、約500種類もの細菌がいるそうです。しかし、それらがすべて悪い細菌というわけではありません。口の中には善玉菌といって、良い影響を与えている細菌も多く存在しています。悪い細菌と善玉菌のバランスが崩れたときに、口の中であらゆるトラブルが起きるというわけです。
そのトラブルのひとつが歯周病です。そして、歯周病の症状のうち、膿が出てくるような症状のことを歯槽膿漏と呼ぶんだそうです。

歯周病と歯槽膿漏はとても恐ろしい病気です。将来、歯がなくなってしまう可能性が高まります。しかし、怖いのはこれだけではありません。歯周病菌というのは、口の中から、血液中に入っていき、口の中とはまったく関係ないところにトラブルを起こすことがあります。
糖尿病や、心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めると言われています。他にも、ガンになる確率も高くなると言われています。

決して、口の中のトラブルだけでない恐ろしい病気を引き起こすかもしれない歯周病は、ぜひとも予防したいものです。
そこで、なた豆歯磨きは、歯周病と歯槽膿漏のどちらにも効果を期待できるでしょう。
なた豆に含まれるコンカナバリンAという成分は、免疫系を正常に整える作用があるため、口の中の細菌バランスを良い状態に保つのに役立ちます。また、カナニバンという成分が膿を出す作用があるので、歯槽膿漏の改善に役立ちます。他にも、なた豆歯磨きを使うことで、歯ぐきの炎症を抑えることができるそうです。
なた豆歯磨きを使って、歯周病と歯槽膿漏予防をやってみませんか?

 

肌をきれいにする心がけとは…?

高い化粧品を使っても、サプリを飲んでも、肌が荒れてしまってなかなか良くならないことがあります。

ここでは、一時的な対処法ではなくて、毎日続けられる肌をきれいにする心がけをご紹介します。どれも簡単なものですから、きれいな肌を目指す人は、ぜひ、日々の生活に取り入れてみてください。

 

食事編

若い女性の世代で気をつけたいことは、栄養バランスが偏っているということです。
「ダイエットのため、時間がないから、好きだから」などという理由で、生のサラダのみを食べたり、野菜ジュースばかり飲んだり、好きなスナック菓子ばかりを食べたり。これでは、肌にいいわけはありません。まずは、肌にいいものを取り入れてみませんか?

①一つは熱を通した、野菜です。できれば、コンビニなどで作られたものではなく、野菜を生でなく取り入れることです。
野菜のボイルしたもの、野菜の多いポトフ、スムージーなどです。緑黄色野菜に含まれるベータカロチンや、ビタミンは美肌に欠かせないものだからです。

②たんぱく質をたっぷりとりましょう。肌はたんぱく質でできています。炭水化物を減らして、積極的にたんぱく質取り入れましょう。魚・豚・鶏肉・豆腐などがお勧めです。

③玄米を食べましょう。できれば、パンや白米に変えて玄米を食べましょう。玄米を良く噛んで食べることで、便秘も解消されやすくなります。

飲み物編

飲み物はできれば、冷たいものを飲みすぎないように。冷たい飲み物は体を冷やす原因となります。暖かいハ―ブティーなどがお勧めです。
ハーブティーにはイライラを鎮めるもの、リラックスさせるものなどがあります。精神的な安定は美肌にも不可欠です。

睡眠編

「美肌は夜作られる」これが鉄則です。夜更かしや、深夜までの飲み会カラオケなどは、美肌の大敵です。できれば、毎日決まった時間に寝る、日付が変わる前に寝るようにする、睡眠を確保される状況を作る、など心がけましょう。

 

短期間で肌を綺麗にしたい!

肌をきれいに、しかも短期間で実現するにはどうしたらいいでしょうか。

いくつかの方法をご紹介します。

1徹底した「デトックス」をして、肌を美化する

いわゆる、「プチ断食」です。断食によって、胃腸を空にすることで内臓を休ませて、一度体をリセットするのです。断食によって老廃物を除去しきれいな腸にすることはイコール肌をきれいにすることになります。
このプチ断食によって、吹き出物が治ったり、肌のあれが改善されたりという効果が報告されています。

プチ断食の方法は、ヨーグルトを用いたもの、置き換えゼリーを用いたもの、控訴を用いたものなどいくつかありますので、ご自分の生活のリズムや体調に合わせて選んでみることが大切です。

2ピーリングを行う

肌は通常であれば、28日間で新しい肌に生まれ変わります。
このサイクルを早くすることで新しい肌を生み出すのがピーリングです。
ピーリングによってシミのもとになるメラニン色素を含む角質層を取り除くことになり、新しく表皮が生まれてきます。
ピーリングは医療機関で行うもの、自宅でできるものなどありますので、自分の予算と目的に応じて選んでみましょう。

3美容鍼を行う

鍼を顔や、頭、首などにうってもらうものです。鍼は、まぶたのたるみやほうれい線を引き上げる、新陳代謝を高め肌のトーンを明るくする、と言った効果があります。比較的早く効果が表れる方法なので、一度興味がある方は考えて見られてもいいかと思います。

ここにあげたのは、あくまでも速攻性を求めたものです、

では、最後に自宅でできる簡単美容法もご紹介!

*簡単パック

  1. 洗顔・化粧水・乳液で整えた後、顔と首にクリームを塗ります。
  2. (鼻と口をあけて)顔と首ををラップで包みます。
  3. ホットタオルを用意して、その上にかぶせます。
  4. 5分間置いて、ホットタオルで拭き取ります。
  5. の方法は、お風呂場で行うとより効果的です。