健康な髪は頭皮から!ヘアケアの注意点!

髪にツヤ・コシが無いなど、髪の毛に悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。髪質は人によって千差万別ですが、どんな髪質の人にも気を付けてほしいケアの仕方をご紹介します。

1ワックス・スプレーを使用している人は要注意!

ヘアワックスやスプレーを使って髪の毛をセットする方は多くいると思います。特に自分の思い通りのヘアスタイルをキープするのには欠かせないアイテムですよね。ただこのヘアワックス・スプレーは、付けることよりも落とすことが大事です。ヘアワックスなどが残った状態で放置してしまうと、毛穴がつまり、毛量の減少に繋がります。特に前髪や頭頂部の毛が少なくなってしまうことは避けたいですよね。ワックスを使う時には、しっかり落とすことを忘れないようにしましょう。

2シャンプーを見直す

髪質はシャンプーの仕方によっても大きく変わってきます。高価なヘアケアグッズを買うよりも、まずはシャンプーの仕方を一度見直してみてはいかがでしょうか。

一般的なシャンプーの仕方

1,髪をくしで丁寧に梳かす。

洗う前に櫛で梳かしておくことで、髪についた埃や汚れをあらかじめ取っておきます。この作業をするのとしないのとでは洗い上がりの質が大きく差が出ます。

2,水で1分半から2分ほど予洗いする。

シャンプー前に水でしっかりと汚れを落としましょう。予洗いだけで汚れの7~8割は落ちるとも言われています。長いと思う方も多いでしょうが、この予洗いをしっかりすることで、シャンプーの泡立ちも格段に良くなります。

3,シャンプーはよく泡立ててから

洗顔時には泡立てが大切!という話はよく聞きますよね。でもこれは髪も同じ。髪に摩擦は天敵です。まずはシャンプーを2プッシュ。多く出しすぎるとそれだけで洗った気になってしまうので、なるべく少なめに出しましょう。手に出したら、両手でよく泡立て、髪に揉みこんでいきます。

4,頭皮をマッサージ

頭皮をマッサージすることで、血行が良くなり、髪の毛も元気になります。一度、頭皮が動くかどうかを指の腹で試してみてください。動かなければ血行の悪い証拠。薄毛や抜け毛の心配があります。

5,よくすすぐ

すすぎを怠ってしまうと、髪に良くないだけでなく、頭皮の臭いに繋がります。

 

6,乾かすときも優しく!

摩擦はNG!と前述した通り、髪をゴシゴシとタオルで拭くのは良くありません。まず頭皮をしっかりと乾かし、毛先は抑えるように拭くのが痛まないコツです。しっかりとタオルドライをすることで、ドライヤーの時間もかなり短縮できます。

 

髪を健康にするためには、頭皮に気を使うことが大切です。摩擦しないように優しく、でもしっかりと汚れを落としましょう。特に頭頂部、前髪、耳の裏、襟足は汗をかきやすいところなので、しっかりと洗い落とすように気を付けましょう。

肌の衰えにストップ!自宅でできる簡単美容法!

皮膚の細胞組織は年齢とともに衰えていきます。それに加えて、新陳代謝の低下・冷暖房の効きすぎ・過剰なストレスなどの悪条件が重なると、皮膚は乾燥し、くすみ、あれて、しわが目立つようになってしまいます。こうした状況を少しでも食い止める美容法ご紹介しますので、お悩みの方はぜひ、試してみてください。

1.ツボのマッサージ

①むくみに効くツボ(ヒユ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・背中のちょうどまんなかあたり。大11胸椎の下のところです。
*マッサージのポイント・・・深い層にとどかせるつもりで両方の親指でマッサージしてみましょう。1から3分間秒押し
てみましょう。
*効果・・・胃弱・むくみ

②足のむくみを軽減するツボ(ケッカイ)をマッサージしましょう。
*ツボの位置・・・ふとももの内側、膝蓋骨の内側のヘリから少し上(指三本幅)のところです。
*マッサージのポイント・・・深い層の筋肉にとどかせるつもりで親指でマッサージしてみましょう。約3分間秒マッサージ
してみましょう。
*効果・・・足のむくみ・便秘・イライラにも
コツとしては、リラックスできる状況で行いましょう。大きく呼吸をしながら行うとよいでしょう。

2.食生活に気をつけましょう。

①皮膚のきめとハリを維持するために、コラーゲンを取り入れましょう。豚足や、鳥の手羽先に多く含まれています。
②たんぱく質の消化を促進し皮膚の健康を高めるビタミンB群を含む全粒穀類・レバー・ナッツ等をとりましょう。
③皮膚の老化を緩やかにするビタミンEを含むレタス・大豆・ピーナッツ・小麦・玄米をとりましょう。
④女性の老化を緩やかにするイソフラボンを含むレタス・大豆・ピーナッツ・小麦・玄米をとりいれましょう。豆腐や、
豆乳、納豆、など大豆製品に多く含まれています。

いかがでしょうか。肌の衰えにストップをかけ、肌のたるみを解消し、むくみにも効果があるこれらの日常のケアを取り入
れましょう.